白髪染めをすればするほど黒い色に染まりませんか?

「明るいカラーの白髪染めを使ったのになぜか思った以上に黒く染まってしまった」という経験はありませんか?白髪染めはおしゃれ染めのようにカラーバリエが少ないのが難点。

白髪を目立たなくすることが一番の希望だけど、できれば昔のように明るいブラウンでヘアカラーを楽しみたいとも思いますよね。

なのに一番明るい色を選んでも仕上がりは真っ黒。

白髪ケアって、もう明るい色にすることはできないのでしょうか?基本的に、白髪染めを使う以上、おしゃれ染めで実現可能なようなハイトーンカラーにすることは難しいと言えます。

なぜなら、おしゃれ染めは髪の黒い色に反応してその色を抜いた上で染毛剤を入れ込むというメカニズムですが、白髪染めはそもそも白い色に入れていくので脱色することはありません。

つまり、そのまま色を入れていくため、白髪の部分は選んだカラー剤通りの色になりますが、黒髪部分はそこにカラー剤を重ねるだけという形になるため、さらに暗くなってしまうのです。

最近では、おしゃれ染めに近いカラーの白髪染めも出ていますが、実際は黒髪部分が残っている以上、全体的に美しい明るい色にすることはできません。

「なんだかすごく黒くなってしまった」、そう思うのであれば、もしかすると白髪染めよりもおしゃれ染めをする方が良いのかもしれません。

おしゃれ染めであれば、お伝えしたように黒い髪の部分をしっかり希望通りの色に染めることができるからです。

しかし色素のない白髪には色を入れることができないため、黒髪と白髪の割合によっては不格好な見た目に…。

まずはおしゃれ染めから白髪染めへの正しい移行期を知ることが大切です。

話題の白髪染めサイトはこちら⇒《URL:http://www.forensic-training-network.com/